クレフォートの仕事

生産職

生産職 「配合」「焼成」「包装」「出荷」と呼ばれる各製造現場の仕事につき、当社製品の特徴や生産行程を学びます。
例えば「焼成」は、混ぜて味付けを終えた卵を型へ流し込み、焼いていくパートです。ここでは玉子の焼き加減を1カ所ずつチェックし、火力の微調整を行います。きれいな焼き目が出るように、ふっくら柔らかな食感がでるように。料理人さながらの細かい職人技が求められます。
入社間もない新人の頃は、この卵加工設備の操作をメインに業務を行っていただきます。玉子の生産に目を見張る作業のくり返しに苦労を味わうこともあるでしょう。しかし、ここで学ぶノウハウがその後の仕事に大きく影響します。どれだけの火力でどのくらい焼くと、きれいな焼き目が出るのか。ほどよい甘さを出すためには、砂糖を入れるべきか、醤油を入れるべきなのか。
「玉子焼き」に対する知識を深め、卵と機械設備の関係性を理解することが、新しい設備の導入や改良に向けた設計に活きていきます。

事務職

事務職 お客様からの注文を受付ける受注業務から始まり、商品をお客様に届ける配送便の手配や製造現場に向けて出荷指示を出すことまで、お客様へ商品を届けるための最初の業務を営業事務職が担います。
他にも日々の売り上げの管理や毎月の請求業務、従業員が昼食の時に食べる弁当の注文などなど。 業務内容は広範囲にわたりますが、一番重要なのはコミュニケーションです。お客様からの電話対応はもちろん、パートさんとのコミュニケーションも重要です。

品質管理

品質管理 安全・安心で美味しい「玉子焼き」を製造するため、 当社工場にて製品の品質管理をして頂きます。
お客様が「食べるもの」のため、品質管理は当社において非常に重要な領域です。 全国のお客様に、安全で安心な玉子焼きを届けるのに欠かせない役割を担って頂きます。

若手社員からの声

一日の流れ

6:00 出社。作業着に着替えて担当ラインの準備。
8:00 火付け。ラインを動かし、火加減に注意しながら玉子を焼いていく。
9:00 1つのラインの火付けが完了したので2つ目のラインの準備と、1つ目のラインの焼き加減により、焼きを調整する。2つ目のラインの準備が出来次第、周りの状況を見て15分間の休憩をとる。
10:00 2つ目のラインの火付けをする。
11:00 45分間のお昼休憩。
12:00 オペレーターとしての仕事をする。トラブルが無いようにラインを見る。ラインの終了の準備、止めの作業など。3時から4時の間に15分間の休憩をとる。
16:00 帰宅

クレフォートグループってどんな会社?

ひよこ 玉子焼一筋の会社で、常により良いものを作り続けています。
社内はアットホームな雰囲気で、社長をはじめ従業員同士の仲が非常に良いです。 ときには厳しく指導されることもありますが、笑い声のある会話が毎日飛び交っています。

1年間仕事をしてみて、どんなところが一番成長した?

ニワトリ 状況に応じて1人で判断する力がつきました。
上司や先輩社員への報告・連絡・相談は社会人として基本ではあります。 しかし、実際の現場作業では、その場ですぐに判断をし、解決しなければならないことがあります。 指示を受けて行動することが多かった学生時代と違い、現場の状況を常に把握し行動できるようになった ところが一番成長できたところだと感じています。 詳しい採用情報